お知らせ

10月の保育について (美咲の森通信より)

       収穫の秋を迎え、農家の稲刈り作業もほぼ終わったようです。「実りの秋」で旬の野菜や美味しい果物が昼食に並び、子ども達の食欲を満たしてくれてます。毎日「おかわり!」と元気な声が聞かれ、食育に取り組む本園ならではの、好きなだけ食べれるランチタイムは、子ども達にとって毎日の楽しみです。

日々の保育では、秋晴れの晴天時に公園にでかけ球場を元気に走り回ったり、また、身近に秋の自然に触れ、虫や植物との触れあいなどの活動を通して興味や関心を広げ、自然から多くの学びを得る保育を進めております。

 楽しみにしていた「夏祭りごっこ」は、園児のお休みが続き、なかなか全員がそろわないため、みんなの喜ぶ姿を動画撮影することが不可能でした。園としては、なるべく子ども達全員を撮影して保護者の皆様から喜んで見て頂きたいという思いがありまして、「ごっこ遊び」を行うことができませんでした。 保護者の皆様のご理解が得られれば、欠席されたお子さんを日頃の保育活動の様子として別に撮影することにし、運動会後に、子ども達の声を聞いて「ごっこ遊び」の実施を考えたいと思います。

さて、子ども達は毎日、運動会の練習に意欲的に取り組んでおります。認定こども園となり、今年の運動会は昨年度までと内容が変わり赤チームと白チームに分かれて競技を行います。 チームに分かれて友達と一緒に力を合わせて頑張ることの大切さ、そして勝ち負けを体験することも重要と考えます。勝つ喜びと共に負ける悔しさを体験することは、子ども達の心のたくましさにつながり、相手をいたわる心も芽生えさらに友達同士の絆も深まることになります。その心の育ちがこれからの子ども達一人一人の生涯の支えとなると思います。 今年は小真木原運動公園内の小真木原総合体育館(3Fアリーナ)の広い会場で、子ども達も保護者のみなさんも存分に親子競技を楽しむことができます。つばさ組の子ども達にとっては、就学前の最後の思い出の運動会となります。元気いっぱい頑張る子どもたちに大きな声援を送っていただきたいと思います。
 尚、当日はコロナウイルス感染症対策の為、会場にて検温と手指消毒をおこないます。マスクを着用されても周りの人と十分な距離をとって頂きますようご協力をよろしくお願い致します。最後に、競技の準備や片付けに快くご協力をお申し出されました保護者の皆様にありがたく感謝申し上げます。
当日は、怪我もなく楽しい思いでの運動会となりますことを願っております。

                                       (園長 冨樫孝雄)